MUSHI BLOG

クマムシ博士のドライ日記

はみだすこと肯定しよう:はみだす力

以前からなんとなく気になっていた『はみだす力』という本を読みました。著者はアーティストで現在マサチューセッツ工科大学メディアラボ助教のスプツニ子!さん。


はみだす力:スプツニ子!


スプツニ子!さんを知ったのは割と最近で、人工知能学会の表紙に描かれた「掃除をする女性型アンドロイド」をめぐってTwitter上でご活躍?されているのを目の当たりにしたのがきっかけです。著者は男性に人工的に生理痛を味あわせるデバイスを作ったりしていたので、理系よりの方だとは思っていたのだけれど、両親が数学者でバリバリの理系出身ということを本書で知りました。


で、本書には著者が幼少期からいかに「普通」に対して抵抗があったかが書かれていて、自分の幼少期の頃とすごくだぶったのですね。途中から、ずっと感情移入しながら読んでいました。新しい環境に軽々と飛び込んでいける(ようにみえる)ところも、なかなか羨ましい。自分はまだまだだなぁ、と。


確かに、著者はもともと勉強ができたりバイリンガルだったりと、周囲の人に比べればある程度のアドバンテージがあったのは間違いないでしょう。でも、子どもの頃は周囲の普通に折り合いをつけられないと学校でもどこでも逆風をもろに受けるし、いくら能力が高くても、そこでつぶされていく場合もたくさんある。その中でうまく居場所や進むべき方向を見つけるのは、すごくエネルギーが要るわけです。ある意味、相当にあまのじゃくじゃないといけない。


そういう人と違ったことをするのは大きな摩擦も生むのだけれど、そこで萎縮せずに継続をしていると面白がってくれる人もちらほら現れてくれるものなんですよね。就職活動なんかだと「いかに周りに合わせられるか」が大事みたいだけれど、そこに「これじゃない感」を感じる就活生なんかは、どんどん逆振れしてはみだしていったらよいのではないでしょうか。その後の保証はできませんが、自分で納得して動ければ失敗しても得るものは大きいでしょう。なんとなく日々の生活にマンネリを感じている社会人にもおすすめの一冊です。


※本記事は有料メルマガ「むしマガ」284号「クリプトビオシスだけじゃないクマムシの休眠モード」】の一部です。

クマムシ博士のむしマガVol. 284【クリプトビオシスだけじゃないクマムシの休眠モード】

2015年3月22日発行
目次

【0. はじめに】書評
『はみだす力』:スプツニ子!

【1. むしコラム「クリプトビオシスだけじゃないクマムシの休眠モード」】
クマムシの環境耐性といえば、代謝を完全に停止するクリプトビオシスがよく知られている。しかし、クマムシの種類によっては、このクリプトビオシス以外にシスト状態というややマニアックなモードに入って悪環境をやり過ごすものもいる。

【2. おわりに】
メルマガで連載していた「クマムシ研究日誌」の書籍化まであと少し。本を書くことの難しさについて。

【料金(税込)】 1ヵ月840円(初回購読時、1ヶ月間無料) 【 発行周期 】 毎週

「クマムシ博士のむしマガ」のご購読はこちらから

地球外生命体のアジトに潜入

納豆菌は、日本を侵略中の地球外生命体である。宇宙から飛来したかれらは、知らず知らずのうちに我々の体内に潜入し、体を乗っ取っている。僕はこれまで、幾度となくこの納豆菌の恐ろしい正体について、告発してきた。


みんな納豆菌を甘く見ない方がいい

もう一度言う。みんな納豆菌を甘く見ない方がいい。

納豆菌の無差別テロ攻撃により人類滅亡までのカウントダウンがはじまった


そして今回、さらなる納豆菌の真実に迫るべく、かれらのアジトへの潜入を試みた。さまざまな情報を総合すると、納豆菌のアジトは北関東のI城県某所であることがわかってきた。この某所では、日々、納豆を製造し続けている。納豆を製造するということは、納豆菌を増殖させていることに他ならない。そして、ここでは、一般人に向けて、納豆製造の見学ツアーが堂々と行われているのだ。そこで、納豆菌の陰謀とその実態を探るべく、僕も、このツアーに参加することにした。


このツアーは、「O納豆」という商品を世に出している納豆メーカー「T社」が主催している。このツアーは、納豆工場見学と納豆博物館見学がセットになっている。場所はたいへん辺鄙なところにあり、最寄りのI岡駅からはタクシーで30分以上もかかった。バスで行くことはできない。周囲は山に囲まれており、住宅街からは完全に隔離されている。さすが、地球外生命体のアジトだけのことはある。


納豆工場見学と博物館見学ツアーは1日に3回開催されているようだ。僕が参加したツアーには、他に20人ほどの参加者がいた。思っていたよりも人気だ。いかに多くの日本人が、納豆菌に洗脳されているかがうかがえる。参加者一同はまず、暗い密室に閉じ込められ、納豆に関するビデオを鑑賞させられる。納豆の歴史、納豆の製造法、そして、納豆と納豆菌がいかに素晴らしいか・・・などなど、納豆と納豆菌をひたすらプッシュする洗脳ビデオを流していた。


ビデオでは、研究員が常に新しい納豆菌を探していることも紹介されていた。土壌や河川から新種の納豆菌を単離し、それらで納豆を作った際のねばりや香りを評価し、新規納豆の開発につなげるのだとか。納豆菌に魂を売った科学者たちは、このようにして、日夜を問わず、強力な納豆菌の仲間たちを地球上のあらゆるところから召還していたのである。おそろしい。


次に、工場見学。そこには、おぞましい光景が広がっていた。


※本記事は有料メルマガ「むしマガ」283号「地球外生命体のアジトに潜入」】の一部です。

クマムシ博士のむしマガVol. 283【地球外生命体のアジトに潜入】

2015年3月15日発行
目次

【0. はじめに】スパルタの系譜
スパルタの系譜は軍事国家としての教育方針が定まった時期から続いているのだろう。スパルタの名残は就活マナーににも見て取れる。

【1. むしコラム「地球外生命体のアジトに潜入」全文】
地球外生命体・納豆菌のアジトへ。迫真の潜入ルポ。

【2. おわりに】
沖縄の現在、過去、未来。クマムシの常設展示の可能性などについて。

【料金(税込)】 1ヵ月840円(初回購読時、1ヶ月間無料) 【 発行周期 】 毎週

「クマムシ博士のむしマガ」のご購読はこちらから

NHKラジオ基礎英語2に出演します

2015年4月と5月のNHKラジオ基礎英語2にゲストとして出演することになりました。基礎英語2のテキストにもクマムシ博士のインタビューが掲載されています。


NHKラジオ基礎英語2 2015年 04 月号


f:id:horikawad:20150316002623j:plain

f:id:horikawad:20150316002119j:plain


あのバイリンガールのちかさん(Youtubeに飛びます)と同じコーナーに掲載されていて、なんだか恐縮です。


私の方は、基礎英語を受講している方にとって「目標を設定しやすい枠」で登場しています。英語がペラペラ、というわけではないけれども、サバイブできるだけのコミュニケーションはできる。高校まで英語が苦手だった非ネイティブが、どのようにして英語を覚えていったか。そのあたり、初級者の方に参考になれば幸いです。


それにしても、今思い返すと英語は本当に苦手でしたね。高校の最後のテストで100点中7点、偏差値は30そこそこでした。一文の中にthatが3つくらい出てくるのを見ると、意味が分からなくなっていました。接続詞という存在すら知らず、thatを全部「あの〜」って訳そうとしていました。そもそも、それ以前に、一文の中に4つも5つも見たことの無い単語があったので、まるっきり問題文を読む気が失せていたのですが。


そんな人間が、どういうわけかNHKラジオの英語講座に出ることになるわけで、人生は何が起きるか分からないものですね。だから、今の学生さんは何に対しても悲観することなんて全然ないですよ。何でもとりあえずやってみればいい。


さて、ラジオでは当然英語をしゃべっているわけですが、発音の方は本当に期待しないでください。これでも通じるんだ!くらいに思って、勇気を持っていただければと思います。


【関連記事】

ジョジョの奇妙な英語学習法