クマムシ博士のむしブロ

クマムシ博士が綴るドライな日記

第二回クマムシ学研究会プログラム発表と懇親会のお知らせ

2017年8月5日(土)に第二回クマムシ学研究会を東京大学本郷キャンパスにて開催します。当日のプログラムも決まりました。今回は全部で19演題となり、前回の14演題から5演題増えました。 第二回クマムシ学研究会プログラム 日時:2017年8月5日(土)12:40〜1…

枚方蔦屋書店に遊びに行きます(プレゼントあり)

2017年7月30日(日)に大阪の枚方蔦屋書店で催される「ナショナル ジオグラフィック 驚きの発見を求めて出発!」にてお話しします。詳細はこちら。 real.tsite.jp 「ナショナルジオグラフィック 驚きの発見を求めて出発!」場所:枚方蔦屋書店 4F カフェスペ…

ヒアリ被害による死亡例とリスクについて

ヒアリ被害による死亡例とリスクについて、あらためて手短にまとめた記事をハーバー・ビジネス・オンラインに寄稿しました。 困ったことに、この環境省の声明を受けて、一部の報道機関が「ヒアリによる死亡例はない」とする誤った情報を流してしまった。この…

「ヒアリ死亡例は確認されなかった」という一部報道を検証する

日本テレビのニュース報道が「環境省の調査により海外でのヒアリによる死亡例は確認できなかった」と伝えていた。 news.livedoor.com 国内で相次いで発見されているヒアリについて、海外での死亡例は確認できなかったとして、環境省はホームページから表現を…

第3回神保町ヴンダーカンマーにクマムシさんのお店が出店します

2017年7月22日(土)〜8月20日(日)まで、第3回神保町ヴンダーカンマーにクマムシさんのお店が出店します。場所は奥野かるた店2階。 jimbochowunder.tumblr.com 7月22日(土)と23日(日)は、クマムシ博士も現場でウロウロしているはず。 7月22日20時30分…

TBSラジオ「たまむすび」に出ます

2017年7月13日(木)15:00頃からTBSラジオ「たまむすび」にちょっと出ます。 www.tbsradio.jp パーソナリティーはピエール瀧さんと外山惠理さん。生放送中に、クマムシの乾燥からの復活チャレンジを行う予定。ヤラセなし。 聞き逃しても公式サイトで1週間後…

「ヒアリに刺されて年間100人死亡説」を検証する

ヒアリ Solenopsis invicta. 撮影:松本吏樹郎(大阪市立自然史博物館)(CC BY 4.0) 2017年になって、神戸、名古屋、大阪、そして東京で相次いで発見されている、侵略的外来種のヒアリ(Solenopsis invicta)。ヒアリは人を刺し、確率はきわめて低いものの…

『ヒアリの生物学』でヒアリの生態を知る

Image: Insects Unlocked (Creative Commons CC0 1.0 Universal Public Domain Dedication) 2017年5月、神戸港で国内では初となるヒアリが発見された。さらに同年6月には名古屋港と大阪港でもヒアリが確認された。ヒアリは原産地の南米からアメリカ、オース…

クマムシ博士の講演・イベントまとめ

クマムシ博士がこれまでに行ってきた講演やイベントなどの記録をピックアップしてまとめてあります。ここに掲載していない講演会やイベントも多数。講演などのご依頼は horikawadd@gmail.com までどうぞ。 東京大学大学院新領域創成科学研究科講義 早稲田大…

クマムシ研究クラウドファンディング、達成御礼

3月から始めていたクマムシ研究クラウドファンディング、おかげさまで最終的に300人を超える支援者の方から350万円以上が集まりました。小さなクマムシへの大きな投資をしていただいた皆様に厚く御礼申し上げます。そして、今回のクラウドファンディングプロ…

第二回クマムシ学研究会を開催します

写真:荒川和晴 我が国にてめざましい進展をみせるクマムシ研究。昨年に続き、第二回クマムシ学研究会を来る2017年 8月5日(土曜日)、東京大学本郷キャンパスにて開催します。 第二回クマムシ学研究会 本研究会は一般に公開する形で開催するので、どなたで…

サイエンスZERO出演のお知らせ

2017年6月18日(日)23時30分から放送のNHK『サイエンスZERO』に出演します。 www4.nhk.or.jp これは昨年放送された環境DNA特集のアンコール放送。どうやらこの回が人気だったようで、もう1度放送されることになった模様。 horikawad.hatenadiary.com ちなみ…

乾いても死なないクマムシの謎。その鍵を握るのは……?

よく聞かれる質問の中に「どうしてクマムシを研究しはじめたんですか?」というものがある。「そのクマムシ帽子はどうやって頭にくっついているんですか?」の次に、頻繁に聞かれる質問である。 クマムシの道に入ったのは、私が大学学部4年生のとき。変わり…

【書評】『バッタを倒しにアフリカへ』ストイックすぎる狂気の博士エッセイ

バッタを倒しにアフリカへ (光文社新書)作者: 前野ウルド浩太郎出版社/メーカー: 光文社発売日: 2017/05/17メディア: 新書この商品を含むブログ (2件) を見る 書店内でいやでも目を引く、虫取り網をかまえこちらを凝視する全身緑色のバッタ男の表紙。キワモ…

クラウドファンディング・セカンドゴール達成とお食事同伴追加スペシャルゲストのお知らせ

3月に開始したクマムシ研究クラウドファンディングも、ファンディング期間がのこりわずかとなりました。当初目標としていた支援額の200万円が10日間で達成し、セカンドゴールの300万円もおかげさまで達成しました。現時点で266名もの支援者の方々から総額320…