読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むしブロ

クマムシ博士のドライ日記

クマムシ博士からスーちゃんへ

クマムシ

f:id:horikawad:20160514154439j:plain
トゲクマムシの一種(撮影:クマムシ博士)


30年以上も凍っていたクマムシが復活したって聞いたよ。クマムシってすごい生命力を持つ不死身の生き物なんでしょう。ムシってついているけど昆虫じゃないの?どんな生物なのかな。 
スーちゃん


2016年5月14日の日本経済新聞の朝刊、NIKKEIプラス1にクマムシが紹介されました。掲載されたのは『親子スクール理科学』というコーナー。小学5年生の女の子「スーちゃん」によるクマムシについての質問に対し、物知りな「森羅万象(しんら・まんぞう)博士」がクマムシの生態や耐性、そして採集の方法を説明しています。


f:id:horikawad:20160514112851j:plain
2016年5月14日付け日本経済新聞朝刊『NIKKEIプラス1』より


先日、森羅博士から頼まれ、クマムシ博士が取材協力をしました。今回のようにクマムシを大きく取り上げてもらうのは、クマムシ研究者の一人として、とても嬉しいことです。


ただ、今回、森羅博士からスーちゃんへの説明について、クマムシ博士から補足させてもらいたいところがありました。以下、私からスーちゃんにコメントしたいと思います。


★★★★★


スーちゃん、クマムシについて興味を持ってくれてありがとう。森羅博士がクマムシのことをていねいに教えてくれてよかったね。クマムシ博士からもいくつかお話があるから、聞いてくれるかな。

クマムシは「緩歩動物」といって、ミミズやゴカイの仲間と昆虫の間に位置する生物と考えられている。 
森羅万象博士


森羅博士は「クマムシがミミズやゴカイの仲間と昆虫の間に位置する」って教えてくれたよね。クマムシは緩歩動物門、ミミズやゴカイの仲間は環形動物門というグループに入るんだ。昆虫は節足動物門の中で昆虫綱というグループの総称になる。「門」が都道府県だとしたら、「綱」は市町村のような位置づけ。だから、ここでクマムシの位置についての説明は、門のレベルで比べた方が、より適切なんだ。


それから実際のところ、緩歩動物門は節足動物門に近いのは間違いなさそうだけれど、環形動物門とはそこまで近くないことがわかっているよ。環形動物門よりもむしろ、有爪動物門(カギムシ)や線形動物門(センチュウ)に近いとされている。緩歩動物門、節足動物門、有爪動物門、線形動物門の位置関係については、まだ研究者の間で議論が続いている。とてもホットな研究トピックなんだよ。

30年以上冷凍されていても、からからに干からびた状態で9年間放っておいても、水をかけると復活して動き出した。(中略)ある博物館に保管されていた130年前のコケに水をかけると、ひからびたたる状のクマムシがもとに戻ったそうだ。(中略)たるの状態だと、セ氏150度くらいの熱にも、マイナス273度というもうれつな寒さにも耐えられる。  
森羅万象博士


森羅博士が言うように、クマムシはからからに干からびた乾眠状態だと、長い間生きのびたり、とてつもない暑さや寒さにも耐えることができる。



ヨコヅナクマムシの乾眠移行と復活(撮影:クマムシ博士)


でも、たとえ乾眠状態ではない水を含んだ状態でも、クマムシは凍結に耐えることができるんだよ。南極で凍ったまま保管されていたコケから復活したクマムシは、おそらく乾眠状態ではなく、水を含んだまま凍った状態で30年間生きのびたと考えられる。これについて森羅博士は間違ったことを言っているわけじゃないけれど、誤解しやすいから、念のための補足。


horikawad.hatenadiary.com


あと、120年間(130年ではなく120年)保管されていたコケから乾眠のクマムシが復活した、という話がある。でもこれは、元の文献に書いてある記述に尾ひれがついて広がった噂話で、実際には「クマムシが復活した」という話ではないんだよ。もっとも、超低温下で保管すれば、120年どころか半永久的に生き延びられるかもしれないけれどね。


乾眠状態のクマムシが151度まで耐えられるという話も、1920年代の文献が元になっている。でもその後、この温度にクマムシが耐えられたという報告はない。現在では、クマムシが耐えられる温度の上限は100度くらいまで、というのが僕たち専門家の間で一致している意見。ただ、何かの条件を変えることで、クマムシがもっと高い温度で耐えられるようになるかもしれないけれどね。


クマムシ博士からのコメントは、これでおしまい。森羅博士が勘違いしていた部分もあるけれど、けっして博士を責めないでね。ふつう、研究者は、自分の専門とは別の分野についてはあまり詳しくないんだ。森羅博士は化学の研究者みたいだけれど、ここまでクマムシについて知っていることが、むしろ驚きだよ。


え?今回の記事を配信する前に、森羅博士からクマムシ博士に原稿を送っていれば、校正することができたと思うって?するどいね。うん、きっと、森羅博士はそのつもりでいたと思う。でも、とっても忙しくて、きっと原稿を送るのを忘れちゃったんだ。文献調査と実験を同時進行でこなしている姿からも、博士が日々の研究に忙殺されていることが容易に読み取れるからね。


f:id:horikawad:20160514162926j:plain:w120


また何かクマムシのことで質問があったら、聞いてね。科学者になる夢、応援しているよ。


【参考書籍】

クマムシ研究日誌:堀川大樹 著


クマムシ博士の「最強生物」学講座:堀川大樹 著)


クマムシ?!―小さな怪物:鈴木忠 著


クマムシを飼うには―博物学から始めるクマムシ研究:鈴木忠 森山和道 著


【関連記事】

horikawad.hatenadiary.com

多数の系外惑星はどのように認定されたか

科学・研究

f:id:horikawad:20160511194055j:plain
Image Credit: NASA Ames


昨日こちらに書いたように、2016年5月10日(日本時間は11日)、NASAが「ケプラーによる最新の発見」についての記者発表があった。結果から言うと、ケプラーの観測によりアーカイブされていた太陽系外惑星候補(Kepler object of interest (KOI))のうち一気に1284個について「候補」が外れ、太陽系外惑星と認定された。


Briefing materials: 1,284 Newly Validated Kepler Planets: NASA


Morton et al. 2016. False positive probabilties for all Kepler Objects of Interest: 1284 newly validated planets and 428 likely false positives. Astrophysical Journal


ここまで多くの系外惑星が認定されるとは、昨日の時点では私は考えていなかった。予想を超えた発表であった。


2009年の打ち上げ以降、これでケプラーが見つけた系外惑星は一気に2000を超えた。今回、なぜここまで多くの系外惑星が認定されたのか。これは、系外惑星候補から「候補」を外すプロセスの進展に起因している。


系外惑星が恒星の前を横切ると、恒星が減光する。もし恒星の減光期間が一定で、周期的に同程度の減光が観測されれば、その恒星の周りを惑星が回っていると推測できる(トランジット法)。


f:id:horikawad:20120601171840j:plain
Image Credit: NASA Ames


ケプラーはこのような対象を系外惑星候補としてストックする。そのあとで、この系外惑星候補に対してフォローアップをする。地上から系外惑星候補を詳細分析し、これらが確かに系外惑星なのか、あるいは二つの恒星による連星などによる偽陽性なのかを検証する。この方法だとひとつひとつの系外惑星候補に対して長期的な分析が必要だった。


今回、プリンストン大学のTimothy氏は、プログラミング技術により自動解析法を構築し、多数の系外惑星候補を解析することを可能にした。新しいモデルはフォローアップなしでケプラーからのデータのみで候補が惑星かどうか判断する。これまでに確認されている系外惑星と偽陽性のトランジットパターンと、系外惑星候補のうちに惑星もどきが含まれる確率のデータをもとに構築されている。すべての惑星候補に対して偽陽性確率が0から1のあいだで当てられ、このうち偽陽性確率が1%未満のものを系外惑星として認定する。


この方法により、一気に多数の系外惑星候補の解析が可能となり、今回の発表となったわけだ。ちなみに、今回新たに用いられた手法の制度は、他の研究グループの先行研究によって用いられたフォローアップの手法のそれと大きくは変わらなかったと主張している。


f:id:horikawad:20160510082627j:plain
Credits: NASA Ames/W. Stenzel; Princeton University/T. Morton


ケプラー以降の太陽系外惑星調査では、さらに多くの系外惑星候補がデータに入ってくると予想される。このとき、今回のような大量データを自動解析するシステムが威力を発揮するだろう。


さて、これまでに、液体の水が存在しうるハビタブルゾーンにある地球のサイズの2倍以下の系外惑星は12個が確認されていた。今回、この条件に当てはまる惑星が新たに9個も加えられ、合計で21個となった。


f:id:horikawad:20160510082832j:plain
Credits: NASA Ames/N. Batalha and W. Stenzel


ところで、昨日、私が行った会見予想に、以下の一文がある。

おそらくですが、ハビタブルゾーンにある地球型惑星が複数見つかった、という内容かもしれません。

NASAの「ケプラーによる最新の発見」を予想する:むしブロ


ということで、今回の予想はこれまでで一番苦戦したが、この部分については的中した。この調子で観測・解析が進めば、10年以内に地球とほぼ同条件の惑星が意外と近場で見つかる可能性もあるだろう。21世紀は宇宙生物学が隆盛を極めそうだ。


【参考書籍】

生命の星の条件を探る 阿部 豊 (著)


honz.jp


地球外生命を求めて マーク・カウフマン (著))


※本記事は有料メルマガ「むしマガ」339号「ケプラーによる多数の系外惑星はどのように認定されたか」からの抜粋です。

【料金(税込)】 1ヵ月840円(初回購読時、1ヶ月間無料) 【 発行周期 】 毎週

「クマムシ博士のむしマガ」のご購読はこちらから


【関連記事】

NASAの「ケプラーによる最新の発見」を予想する

昨晩のNASA重大発表の解説:1284個の系外惑星が一度に「発見」される!:小野雅裕のブログ

NASA's Kepler Mission Announces Largest Collection of Planets Ever Discovered: NASA

NASAの「ケプラーによる最新の発見」を予想する

科学・研究

f:id:horikawad:20160510220057j:plain
Image Credit: NASA


2016年5月10日(日本時間は11日)、NASAが「ケプラーによる最新の発見」について記者発表します。


NASA to Announce Latest Kepler Discoveries During Media Teleconference: NASA


このようなアナウンスが出ると予想してみたくなるのがクマムシ博士です。近年は二回連続でNASAの会見内容を的中させています。


horikawad.hatenadiary.com

horikawad.hatenadiary.com


今回、記者会見で発表される内容は、ケプラーによる新発見とのこと。ケプラーが、どのような発見をしたのか。ついに地球外生命体、それも宇宙人でも見つけたというのか。はたまたクマムシでも見つけたのか。


残念ながら、それはありえません。ケプラーのスペックでは、生命体やその痕跡をつかむことは不可能だからです。今回の発表はまちがいなく、系外惑星についてのアナウンスとなるでしょう。


ケプラーはNASAが打ち上げた宇宙望遠鏡。そのミッションをざっくり言うと、太陽系外の地球型惑星を探索することです。私たち地球生命体は宇宙でぼっちな存在なのか。それとも、宇宙には自分たちと同じような仲間がいるのか。ケプラーのミッションは、この宇宙生物学の大きな命題に挑むために欠かせません。


ケプラーは、光度測定器により、太陽系外の恒星を観測します。もし系外惑星が恒星の前を横切れば、そのときに恒星が薄暗くなります。恒星が暗くなる期間が一定で、さらに、周期的に同程度の輝度の低下が見られれば、その恒星の周りを惑星が回っていると推測できます。このような方法をトランジット法とよびます。


f:id:horikawad:20120601171840j:plain
Image Credit: NASA Ames


ケプラーのおかげで、これまでに太陽系外惑星が次々と発見されてきました。液体の水が存在しうるハビタブルゾーンにある地球型惑星も次々と見つかっています。天文学や宇宙生物学におけるケプラーの貢献は計り知れません。


それでは毎度恒例ですが、今回の記者発表内容を予測するにあたり、記者会見に登場するメンバーの専門分野を最大公約数的に絞り込みました。記者会見に登場するメンバーは以下の通り。


1. Paul Hertz(NASA本部の宇宙物理学部門ディレクター)
2. Charlie Sobeck(NASA Ames Research Centerのケプラーミッション・マネージャー)
3. Natalie Batalha(NASA Ames Research Centerのケプラーミッション・サイエンティスト)
4. Timothy Morton(Princeton Universityのアソシエイト・リサーチ・スカラー)


ここで、1.のHertzさんはNASA本部の偉い人なので、今回の研究内容には直接関係ありません。2.のSobeckさんはケプラーミッションを統括するやはり偉い人なので、この方の身辺を掘り起こしても研究内容と直接関係のあるファクツは見つかりそうにありません。


今回の会見発表内容に実質的にかかわっていそうなのは、3.のBatalhaさんと4.のMortonさんだと思われます。Batalhaさんは、ケプラーミッションで2011年にはじめて太陽系外の地球型惑星(Kepler-10b)を見つけた、この道のエキスパートです。Mortonさんは、ケプラーが取得したデータを解析するスペシャリストのようです。


さて、この二人の情報をさらに集めて今回の発表内容を予測しました。が、今回は特異的な情報をあまり得られなかったため、あまり予想を絞りこめませんでした。おそらくですが、ハビタブルゾーンにある地球型惑星が複数見つかった、という内容かもしれません。これが一つ目の可能性。個人的な希望的観測を含めれば、「これまでにもっとも生命が存在しうる条件の星が見つかった」という発表だと嬉しいのですが。


「今回、NASAが事前にアナウンスをして記者発表するのだから、きっと重大な発表に違いない」。そう思いたいのもやまやまですが、実際には、とりたてて騒ぐような発見ではないかもしれません。記者会見のアナウンスにも「重大な発見」とは書かれていませんしね。


さて、会見発表内容の二つ目の可能性として、昨年の「イメージダウン」を払拭するためのものが考えられます。


2015年、フランスやポルトガルの研究グループが、「ケプラーが発見した大惑星(Giant Planet)のうちの半数は実在しないだろう」とする研究発表を行いました。


Kepler’s Giant Exoplanet Candidates — Real or Not Real? : Sky and Telescope


彼らはケプラーにより選定された系外惑星候補を地上から観測・解析したところ、多数の偽陽性が見つかったと報告しています。とくに、恒星から近距離に位置する木星型惑星(ホット・ジュピター)を含む大惑星の半数は偽陽性であると主張。これに対し、今回の記者発表に出席するBatalhaさんとMortonさんは「ケプラーは系外惑星の見落としがないように”甘めに”候補を選定している」と反論しています。また、「大惑星ではないサイズの惑星についての偽陽性の頻度はそれほど高くない」とも主張しています。


この反論はもっともに聞こえます。ただ、パブリックイメージを気にするNASAは、このちょっとした騒動でついたマイナスイメージを挽回する目的もあり、今回の会見を開くのかもしれません。つまり、会見内容の二つ目の可能性として、「ケプラーにより選定された系外惑星候補には真の惑星の割合が高い。偽陽性はあいつらが言うほど多くなんかない」というものが挙げられます。今回のキーパーソンであるMortonさんのウェブにも、「系外惑星候補から「候補」を外す解析をしている」と書いてありますし、こちらの可能性はそれなりにありそうです。


ということで、今回のNASA会見予想でした。ちょっと穿った見方も入ってしまいましたが、実際の会見を楽しみに待ちたいと思います。


【参考書籍】

生命の星の条件を探る 阿部 豊 (著)


honz.jp


地球外生命を求めて マーク・カウフマン (著))


※本記事は有料メルマガ「むしマガ」338号「NASAの「ケプラーによる最新の発見」を予想する」からの抜粋です。

【料金(税込)】 1ヵ月840円(初回購読時、1ヶ月間無料) 【 発行周期 】 毎週

「クマムシ博士のむしマガ」のご購読はこちらから


【関連記事】

NASAの「火星における重大な科学的発見」を予想する

NASAが発表した「火星表面に液体の水が存在」の意味

【地球外生命体?】 NASAの会見内容を予想してみる

ヒ素細菌のDNAにはヒ素がなかったーライバル研究者らが発表