読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クマムシ博士のむしブロ

クマムシ博士が綴るドライな日記

クマムシバーを一日限定オープンします

お知らせ むしマガ

f:id:horikawad:20150604141725j:plain
月に吠える通信より


ゴールデン街のバー「月に吠える」で一日店長をすることになりました。場所は「月に吠える」というプチ文壇バーです。

日時:7月4日(土)19〜24時頃(予約不要)
料金:チャージ500円、ドリンク700円〜
会場:プチ文壇バー「月に吠える」
東京都新宿区歌舞伎町1-1-10 新宿ゴールデン街G2通り
http://bar.moonbark.net/


大人の方々のご来店をお待ちしています。クマムシにちなんだドリンクなどが出るかもしれません。どれくらいお客さんが来てくれるかは未知数ですが、もし混雑してくるようであればゆずりあっていただければと思います。


この「月に吠える」の店主コエヌマカズユキさんは、文学を盛り上げるためにこのバーを開いたのだとか。運営しているサイトも、バーのサイトとは思えないほど充実しています。こちらでも、ライターのマナ・コノさんを交えてインタビューしてもらいました。


【前編】宇宙空間でも生きる? 地上最強の生物を愛した男:月に吠える通信


こちらのお店は文壇バーと銘打っていますが敷居は低いので、びくびくせずにいらっしゃっていただければ幸いです。もちろん、女ポケモンや男ポケモンをお持ちの方は、連れてきていただいてかまいません。(何のことか分からない方は「ポケモン 文壇バー」でググってみましょう)


※本記事は有料メルマガ「むしマガ」298号「第13回国際クマムシ学会を終えて」の一部です。

クマムシ博士のむしマガVol. 298【第13回国際クマムシ学会を終えて】

2015年6月29日発行
目次

【1. はじめに】第13回国際クマムシ学会を終えて

先週はイタリア・モデナで開催された国際クマムシ学会に参加していました。三年に一度開催される本学会は、過去三回の参加者がいずれも70人台で頭打ちとなっていましたが、今回は一気に100人の大台に乗りました。今回の国際クマムシ学会のときにも日本人研究者のあいだで日本版クマムシ学会を開こうか、という話合いをしていました。もしかしたら、あと半年後くらいに国内のクマムシ学会を一般公開で開催するかもしれません。やるからには500人くらいの聴衆を集めたい。実現しそうなころにまた連絡しますので、どうぞお楽しみに。

【2. むしQ&A「ヤマトシジミと放射線、議論ふたたび」】
ここ最近、チョウの一種ヤマトシジミを検索して僕のブログを訪れる人がまた増えてきました。僕はこのような疑問をブログやこのメルマガに書いてきましたが、2013年になってこのような疑問に対する反論を含んだ論文が、出版されていました。

【3. おわりに「クマムシバー・イン・ゴールデン街開催決定」】
嘘から出た誠のような話ですが、ゴールデン街のバーで一日店長をすることになりました。場所は「月に吠える」というプチ文壇バーです。

【料金(税込)】 1ヵ月840円(初回購読時、1ヶ月間無料) 【 発行周期 】 毎週

「クマムシ博士のむしマガ」のご購読はこちらから