読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クマムシ博士のむしブロ

クマムシ博士が綴るドライな日記

ニコニコ学会βのむしむし生放送に登壇しました

お知らせ 科学・研究


今さらのご報告ですが、さる2013年4月27日にニコニコ学会βの1セッション「むしむし生放送」でクマムシの研究について発表させていただきました。あれから1ヶ月経ってないのに、だいぶ前の出来事に感じられますね。


むしむし生放送: ニコニコ学会β (ニコニコ動画にログインして視聴できます)


今回のむしむし生放送はニコニコ学会βを取り仕切った江渡浩一郎さんが、昨年行われた昆虫大学を主催したメレ山メレ子さんに話を持ちかけたことで企画が実現しました。



江渡浩一郎氏 (撮影: 石澤ヨージ氏)


むしむし生放送の座長にメレ山メレ子さん、そして黒子には八谷和彦さんに入っていただきました。メレ子さんと八谷さんにはセッションのアレンジを引き受けていただき、大変助かりました。感謝。



メレ山メレ子氏 (撮影: 石澤ヨージ氏)



八谷和彦氏 (撮影: 石澤ヨージ氏)


登壇者は丸山宗利さん、小松貴さん、バッタ博士こと前野ウルド浩太郎さん、そして私の4名。私以外の登壇者は昆虫大学にも登場していました。ということで、むしむし生放送は昆虫大学のスピンアウトイベントのような感じも。



むしむし生放送直前の楽屋の様子 (撮影: 堀川)



右から丸山宗利氏、小松貴氏、前野ウルド浩太郎氏、堀川大樹、クマムシさん (撮影: 石澤ヨージ氏)



前野氏とは久しぶりの再会 (撮影: 石澤ヨージ氏)


さて、今回はクラウドファンディングで私どもの旅費などを募集したわけですが、結果として多くの方から厚いご支援をいただきました。この場を借りて再度御礼申し上げます。



アリの丸山宗利氏 (撮影: 石澤ヨージ氏)



魔法使いの小松貴氏 (撮影: 石澤ヨージ氏)


丸山さん、小松さんと好蟻性昆虫に関するハイレベルなプレゼンの後、出ましたバッタ博士。



バッタ博士・前野ウルド浩太郎氏 (撮影: 石澤ヨージ氏)


もう伝説的プレゼンでしたね、バッタ博士のプレゼンは。真似をしようと思ってもできない、これぞオリジナルなマイワールドというやつです。この後の順番だった私としてはやりづらかったです。



やりづらい中クマムシについて語る堀川 (撮影: 石澤ヨージ氏)


私がちょうどクマムシについて語っているその隣では「言論コロシアム」というイベントがあり、安倍首相が演説していたようです。むしむし生放送の裏番組に首相をぶつけてくるとは。


同じく言論コロシアムに出演していた猪瀬東京都知事が私のクマムシトークを聴いていたことが、後になって判明。猪瀬氏自身のfacebookに私のプレゼンの様子が投稿されていたのだ。


ともあれ、むしむし生放送はおかげさまで好評を博し無事に終了。終わった後は緊張感が無くなって抜け殻のようになりました。


さて、ニコニコ学会βにはクマムシさんも参加。




ユーザー出演者のクマムシさん (撮影: 石澤ヨージ氏)


クマムシさんのブースにもたくさんの方が訪れてグッズを購入してもらいました。



ブースに並ぶクマムシさん (撮影: 石澤ヨージ氏)


Rubyの女神こと池澤あやかさんや思想家の東浩紀さんにもクマムシさんのもとを訪れてくれました。



池澤あやかさんと。 (撮影: 薄毛女性氏)


夜には「夜のニコニコ学会」に参加。馬鹿馬鹿しいことを本気で研究している方々の発表で、たいへん刺激になりました。放送禁止レベルの内容なのでここでは詳細を書くのは控えておきます。



メレ子さんへのサプライズ・バースデー・カブトムシケーキ (撮影: 堀川)


バッタ博士からはモーリタニア土産にクマムシさんを彫ったプレートをいただいた。これはすごい。



というわけで、むしむし生放送のおかげで楽しく充実した時間を過ごせました。またこういうイベントを何かやりたいですね。


【関連記事】

アルファブロガーのメレ子さんにメレンゲが腐るほど語ってもらいました

第4回ニコニコ学会「むしむし生放送」のプレゼン動画が素晴らしすぎて必見: カイ武士伝


【関連書籍】

アリの巣の生きもの図鑑・丸山 宗利, 工藤 誠也, 島田 拓, 木野村 恭一, 小松 貴 著

孤独なバッタが群れるとき―サバクトビバッタの相変異と大発生・前野 ウルド浩太郎 著

ニコニコ学会βを研究してみた: 江渡 浩一郎 著

【進化するアカデミア 「ユーザー参加型研究」が連れてくる未来: 江渡 浩一郎 , ニコニコ学会β実行委員会 著


【お知らせ】このブログが本になりました

クマムシ博士の「最強生物」学講座ー私が愛した生きものたちー