読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クマムシ博士のむしブロ

クマムシ博士が綴るドライな日記

英語教師に英語力は必要か


日本人は英語の話題が好きだ。どの媒体でもかならず、英語に関する話題を頻繁に目にする。個人的には英語についての議論はあまり興味がないのでスルーするのだが、さきほど目にしたこの記事に書かれていた教師の英語力について、少しだけ気になった。


toianna.hatenablog.com


この記事は、英語教師のTOEIC平均スコアがわかる情報を適切に引用していない。実際の中学校と高校の英語教師の英語力は、どの程度なのだろうか。ちょっと調べてみたところ、簡単に国の調査報告を見つけることができた。平成26年度の調査によると、TOEIC730点以上を取得している割合は中学校英語教師で28.8%、高校英語教師で55.4%となっている。


f:id:horikawad:20160415120905j:plain
文部科学省「平成26年度 英語教育実施状況調査(中学校)の結果概要」より


f:id:horikawad:20160415121359j:plain
文部科学省「平成26年度 英語教育実施状況調査(高等学校)の結果概要」より


このデータを見るかぎり、中学校と高校の英語教師の能力はじゅうぶんとは言い難い。


・英語教師に高い英語力は必要か


だが実際のところ、英語教師にそこまでの(たとえばTOEIC900点以上)の英語力は本当に必要なのだろうか。


学校教育の目的は、ものごとを論理的に考える能力を養うことである。いろいろな教科を通して、この目的を達成することが学校教育の基本だ。英語という教科においては「英語」というひとつの言語を通して、この論理的思考力を鍛えてゆく。逆にいえば、題材は何でもよく、たとえば中国語やスワヒリ語でもよい。日本語を母国語とする生徒が、あるひとつの外国語について、その構造を理解してゆく過程が大事だ。


学校の英語教育についての議論を眺めていると、「論理的思考力を養うこと」と「英語をペラペラに喋れるようにすること」を混同している場合が多くみられる。中学校と高校の6年にわたり英語を学んでも英語が話せるようにならない、というのは、きわめて当たり前のことなのである。学校の英語教育は英会話教室のそれとは別物だと認識しなければならない。


・実用英語の能力を高めるには


この現実を把握した上で、実用的な英語を使えるようになるにはどうしたらよいだろうか。これにはまず、大きな前提条件があることを認識しなければならない。それは当たり前のことだが、学習者自身に切実なモチベーションがなければ、英語を使えるようにはならないということだ。英語そのものが好き、英語圏の文化に尋常ならざる憧れがある、英語をどうしても使わざるをえない状況にある、どうしても外国人と仲良くなりたい。こういった動機がなければ英語を使えるようにならない。子供はとくにそうだろう。


私の場合は大学生まで上述のような動機がまったくなく、高校三年生の最後に実施された英語のテストでは100点中8点程度だった。私が教わっていた英語教師は、ネイティブスピーカーと何の問題もなくコミュニケーションできるレベルの英語力をもっていたにもかかわらず、である。その後、私はクマムシ研究の道に入り、英語の文献を読んだりアメリカで留学生活をすることになり、結果としてサバイバルレベルの実用英語が身に付いた。


f:id:horikawad:20121205113715j:plain
ヨコヅナクマムシ


結局のところ、大事なのは本人のモチベーションなのである。中学校や高校で英語能力の高い教師を増やしたとしても、英語を使えるようになる子供はそこまで増えないだろう。


最後に、英語を使えるようにするために私が使用した基礎的な教材を紹介して、この記事を終えることにする。


まず、語彙について。これは例文がひじょうによくできているので、例文を暗記するとよい。


DUO 3.0


次に発音。発音記号を覚えると、スピーキングのみならず、リスニング力も確実に向上する。


英語耳[改訂・新CD版] 発音ができるとリスニングができる


これらが終わったら、まとまった文章をシャドーイングするとよい。


究極の英語学習法K/H System (入門編)


【関連記事】


horikawad.hatenadiary.com

kumamushisan.hatenablog.com

horikawad.hatenadiary.com