読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クマムシ博士のむしブロ

クマムシ博士が綴るドライな日記

STAP細胞事件から学ぶこと

科学・研究

ついに小保方さんがNatureに掲載された二報のSTAP細胞論文を撤回することで同意したらしい。


STAP主論文撤回へ 小保方氏同意、研究白紙に: 日本経済新聞


これでSTAP細胞の存在は白紙に戻ったわけだが、小保方さんが参加予定のSTAP細胞の再現実験の検証作業の方はどうなるのだろうか。


ところで今回の事件からは多くのことが浮き彫りとなった。一部の大学院ではきわめてずさんな博士論文審査が行われていること、一流の研究機関や研究者でも簡単に捏造疑惑の渦中に入りうること、これらの機関や研究者は問題が露呈したときのリスクマネージがうまくできず保身に走りうること、研究者と一般人との感覚が乖離していること、などなど、挙げればきりがない。


ただし、その一方で、本事件はポジティブな指針も与えてくれた。それは、研究者のキャリアパスの歩み方についての指針である。


今回、たとえ日本最高峰の研究機関であっても、著者が論文を撤回すれば、論文の不正調査を行わないことが、明らかになった。つまり、仮に捏造論文を出版したとしても、疑義が出された時点で論文を撤回すれば、お咎めなしになるわけだ。このことから、研究者のキャリアパスについて重要なことを学ぶことができる。


つまり、より良いポジションに就きたかったり、より多くの研究予算を獲得するためには、捏造データを用いた論文をインパクトファクターの高いジャーナルに次々に載せればよい。そして、捏造が発覚しそうになったら、すぐに論文を撤回するのである。こうすることで、研究者としてのキャリアをノーリスク・ハイリターンできわめて効率的に歩むことができるはずだ。長年にわたり解決案が見えなかった余剰博士問題の解消が期待できる。


STAP細胞事件は多くの問題を浮き彫りにした。だが、一方では、研究者を目指す若者達にきわめて明るい希望の光を示してくれたことを、私たちは忘れてはならない。


【関連記事】

小保方さんの会見に思うこと:むしブロ