読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クマムシ博士のむしブロ

クマムシ博士が綴るドライな日記

年末イベントのご案内


今月末から少し日本に帰国し、色々とイベントに顔を出します。お暇な方は遊びにきてください。まずは、宇宙生物学系イベントから。


日本アストロバイオロジーネットワーク公開講演会「宇宙にいのちを探す」


私もオーガナイザーを務めている国際アストロバイオロジーワークショップ2013の一般公開講演会です。本会では「宇宙生物学とクマムシと私」という平松愛理的テーマの発表をする予定。なんでもTK氏いわく、「今アストロバイオロジーがキてることをアピールすることで、JAXAにアストロバイオロジー研究室を作らせるのじゃ!」とのことらしい。確かにJAXAは、というか日本は、アストロバイオロジー研究の層が薄いのでテコ入れする必要がありますからね。


でも、日本とのかかわりが薄くなった私がJAXAに働きかける義理がイマイチ見いだせ・・・いや、いずれそこの研究室主催者になる可能性も皆無ではないし、盛り上げていきたいと思います。いずれにしても、本イベントにはここに自分が呼ばれたこと自体が不思議なくらいに講演者には豪華な面々が揃っています。私は「科学界のインディー・ジョーンズ」こと長沼毅さんと「日本アストロバイオロジー界のドン」こと山岸明彦さんの間に挟まれての講演になります。


・・・・・・
日本アストロバイオロジーネットワーク公開講演会「宇宙にいのちを探す」 
会場:相模原市立博物館大会議室
日時:12月1日(日)14:00〜
参加費:無料 定員200名(当日、先着順) 13:00から受付開始

14:00〜 開会 司会:矢野創 (JAXA宇宙科学研究所・学際科学研究系)

14:05〜14:25 講演1「謎の深海生物にさぐる宇宙生命の可能性」 長沼毅(広島大学大学院生物圏科学研究科)

14:25〜14:45 講演2「宇宙生物学とクマムシと私」 堀川大樹(パリ第5大学・フランス国立医学研究機構)

14:45〜15:05 講演3「火星での生命探査計画」 山岸明彦(東京薬科大学生命科学部、JAXA宇宙科学研究所・学際科学研究系(客員))

15:05〜15:25 講演4「太陽系外惑星と宇宙における生命」 田村元秀(東京大学大学院理学研究科)

15:25〜15:45 講演5「正しい宇宙人の探し方〜SETIの話」 鳴沢真也(兵庫県立大学 西はりま天文台)

15:45〜16:35 パネルディスカッション「深海から深宇宙まで〜生命の兆候を見出すには〜」
コーディネーター:矢野創
パネリスト:
長沼毅、堀川大樹、山岸明彦、田村元秀、鳴沢真也、高井研(JAMSTEC海洋・極限環境生物圏領域、JAXA宇宙科学研究所・学際科学研究系(客員))

・・・・・・


12月6日(金)には神戸で開催される分子生物学会年会の特別シンポジウム企画「2050年シンポジウム」で宇宙生命体インベーダーの駆除方法についてお話しします。


日本分子生物学会年会「2050年シンポジウム」


分子生物学会では特に何かを話す予定はありませんでした。年会長の近藤滋さんがtwitterでシンポジウムのネタを募集していたところ、外野感覚でこちらからネタを提案をしたら逆提案をされ、侵略エイリアンについてのお話をさせてもらうことになりました。

提案に提案で返すという高等技術。さすが年会長です。


こちらのイベントのプレゼンテーターたちも豪華。


・・・・・・
日本分子生物学年会「2050年シンポジウム」
会場:神戸ポートピアホテル
日時:12月6日(金)13:00〜
参加費:無料

No.1 池谷裕二(脳科学):2050年の単純な脳、複雑な私(仮題)

No.2 堀川大樹(クマムシ博士):宇宙生命インベイダーNK駆除のためのクマムシとバイオテクノロジー

NO.3 谷内江望(合成生物学):ロボットクラウドバイオロジー研究所

NO.4 高濱洋介(免疫学):死に行くT細胞へのレクイエム

No.5 小澤龍彦(抗体工学): 最先端科学が提供する合コンに代わる新たな出会いの場

No.6 八代嘉美(再生医療):iPSの広がる未来(仮題)

・・・・・・


ちなみに、本イベントの様子は正月にBSフジの科学番組「ガリレオX」という番組でも放映されるらしいです。


それから、11月26日の朝8:30頃からラジオJ-WAVEの「TOKYO MONING RADIO」、24:00過ぎからTBSラジオ「荻上チキ・Session-22」にてクマムシについて語ります(予定)。こちらもよろしくどうぞ。


【お知らせ】このブログが本になりました

クマムシ博士の「最強生物」学講座ー私が愛した生きものたちー