クマムシ博士のむしブロ

クマムシ博士が綴るドライな日記

山本太郎氏をスルーする技術

2013年10月31日、参院議員の山本太郎氏が赤坂御苑開かれた秋の園遊会で、原発に関わる問題を記述した手紙を天皇に手渡した。


山本太郎参院議員、天皇陛下に手紙渡す 秋の園遊会で: 朝日新聞


国会議員によるこの行為が、憲法で定めた「天皇の政治的利用の禁止」に抵触するのではないかと問題になっている。


確かに、山本太郎氏がとったこの行動は突飛なものであり、憲法違反にあたるかどうかグレーのものだ。しかし私は、あえて本件とそして山本太郎氏については過剰に問題視せずに、スルーすることを提案したい。


今回の行為が、山本氏本人のアイディアなのか、それとも山本氏の陣営の参謀によるコンサルティングによるものなのかは、わからない。しかし、ほぼ確実に言えることは、この行為は国民やマスコミの注意を集めるための炎上ポリティクスであるということだ。どこかの飲食店のアルバイト店員が冷蔵庫に入った画像を、意図的にネットに流すようなものだ。


仮に今回の山本氏の行動が憲法に抵触するとしても、この問題は日本が抱えている他の数多くの懸案にくらべれば、とるに足らない、きわめて些細なものである。


マスコミが公共の電波を使ってこの問題を大きく取り上げたり、有識者が何時間もかけて議論するような問題ではない。人的、そして時間的リソースを大量に費やして、炎上アルバイト店員の処分について延々と議論するようなものだからだ。そんなことよりも、経済や福祉、そして外交に関わる根本的な懸案事項について議論したり、国政に大きな影響力をもつ与党の動向を注視したり、クマムシの飼育をしたりする方が、数億倍有意義である。


今回の件で国民が騒げば騒ぐほど、山本太郎氏の不支持者は増えるが、一方でシンパシーを感じる支持者も増えるだろう。これが炎上マーケティング効果の特徴だからだ。そして、山本氏の陣営はこれに味をしめて、さらなる炎上ポリティクスを仕掛けてくるだろう。それも、より先鋭化した過激な形で。支持者も当然先鋭化するので、一種のカルト的な集団が形成される可能性もある。


よって、我々国民に求められているのは、山本太郎という存在を意識上にのぼらせず、スルーする技能である。ボケにはツッコミを入れたくなるのが人情だが、そこをぐっとこらえるのだ。いたずらっ子も周囲から相手にしてもらえなくなれば、炎上を仕掛けるモチベーションが無くなるというものだ。


ということで、この話題はこれくらいにしておこう。私も山本氏に関するこの記事を書くのに、人生の貴重な時間的リソースを20分間も費やしてしまった。


【関連記事】

クレーマーとまとめサイトにより社会が毀損される