読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クマムシ博士のむしブロ

クマムシ博士が綴るドライな日記

むしマガ Vol.5 2012年4月30日号 【黒い森の中を抜けた後に待っていた天使】【子泣きじじいに泣かされて】【コブクロ熱唱男子に舌打ち】


みなさん、こんにちは。日本ではゴールデンウィークですが、こちらでは何の休みもなく、平常運転です。正直、日本国住民が羨ましい。


 先週の木曜日にアメリカからパリに帰ってきました。帰りはサンフランシスコ→アトランタアムステルダム→パリと経由しながら20時間かけて戻ってきました。パリのシャルルドゴール空港で預けたスーツケースが出てこなかったので問い合わせたところ、アムステルダムにまだあるよーと言われました。


 それでも翌日には自宅までちゃんと届けてもらえたので良しとします...と言いたかったところですが、よく見るとスーツケースのジッパーの部分が壊れていました。やれやれ。


 さて、それでは今週のむしマガ、いってみましょう〜。


1. むしコラム

ここでは、堀川が最近気になったネタを紹介したり、思いついた事を綴ったり、誰かとの対談を掲載したりします。何でもありのコーナーです。


クマムシさん de グルメレポ in USA


ぼくはいま、カリフォルニアシリコンバレーの真ん中、マウンテンビューっていう街に来ているんだ。


グーグルも、この街にあるんだよ。


近くにインテリなカフェがあるという情報をキャッチしたので、行ってみる
よ。


てくてく、


てくてく、


てくてくまむし。


・・・・・・


暗い森の中を勇敢に突き進んでいたら、思わぬ地雷を踏んでしまった。。


この傷はちょっと深いかも。。。


<本編に続く>


2. クマムシトリビア その5

読者からのクマムシにまつわる様々な疑問に対して堀川が回答します。


◆ 質問:

 クマムシの飼育をしていて、一番大変なのはどんなところですか。

◇ 回答:

 飼育で大変な部分は、クマムシの種類によって共通するところと異なるところがありますね。今回は、ヨコヅナクマムシの場合について書きます。


 ........ゲゲゲの鬼太郎子泣きじじいか、おまえは。と突っ込みたくなりますよ、本当に。


<本編に続く>


3. クマムシ研究日誌

 私がクマムシの研究を初めて10年以上が経ちました。ここでは、これまでのクマムシ研究生活を振り返りつつ、その様子を臨場感たっぷりにお伝えしていきます。


【第5回】クマムシとの遭遇


 東京ドームや横浜アリーナのコンサートに自作のうちわを持って駆けつける女子や、モテたいがためにカラオケでコブクロを熱唱する男子に冷ややかな視線を送りつつ、わざと聞こえるように舌打ちをする。そんな尖ったティーンエイジャーの心を持って生まれてきたのが......


<本編に続く>


続きは「むしマガ」(月額840円・初月無料)を登録してご覧ください。