クマムシ博士のむしブロ

クマムシ博士が綴るドライな日記

クマムシ

クマムシ日記はじめました

ちょっと前から慶應大クマムシ研究グループでクマムシ日記をつけはじめています。 クマムシ日記 私だけではなく、荒川さん、クマムシ王子、飼育係Aさんたちが、クマムシの生態やその他の豆知識をわかりやすく紹介しています。基本的に毎週更新されるので、よ…

『クマムシ研究日誌』発売開始

フィールドの生物学シリーズ『クマムシ研究日誌』が製本されて送られてきました。四苦八苦しながら書いたものがこうして本というフォーマットとなって届くと、やはり嬉しいものですね。 本書が書店に並ぶのは早くて今週末、遅くても来週の頭になる見込みです…

クマムシさんのLINEスタンプをつくってみた

今月のはじめに、クマムシさんのLINEスタンプがリリースされました。イラストはイラストレーターの阪本かもさんに描いていただきました。 クマムシさんスタンプ:LINEストア すでに多くの方に使っていただき、毎日1000個のクマムシさんスタンプが送信されて…

クマムシ本『クマムシ研究日誌』を出版します。

5月下旬にクマムシ本が出ます。タイトルは『クマムシ研究日誌』。メルマガ「むしマガ」で連載していた同タイトルの原稿をベースにまとめたものです。すでにAmazonで予約受付を開始しています。 クマムシ研究日誌: 地上最強生物に恋して 前作のクマムシ博士の…

4/29にニコニコ生放送でクマムシ観察会を開催します

4月29日(水)の18:00から、ニコニコのクマムシチャンネルでクマムシ観察生放送を行ないます。クマムシ博士の解説つき。 クマムシ観察会生放送: クマムシチャンネル どんなクマムシが出てくるのか、楽しみ。 さらに同日19:30からは乾眠状態のクマムシに水を…

ABC朝日放送「ワンダーアース」にクマムシが出ます。

2015年4月29日(水)の14:00から4時間放送予定のABC朝日放送「ワンダーアース 地球のチカラ生き物のチカラ」にクマムシが出ます。 ワンダーアース 地球のチカラ生き物のチカラ: ABC朝日放送 私も芸人のミサイルマンと一緒にクマムシを観察したり、ストレス耐…

線虫を食べるクマムシ

youtu.be 先日、線虫を丸呑みしているオニクマムシを発見した。オニクマムシは肉食で、通常はヒルガタワムシなどを飲み込むようにして食べる。だが、線虫を食べることはほとんどない。線虫は飲み込むには大きすぎるので、通常は食べられないからだ。線虫の体…

クマムシが毎日新聞で取り上げられました

クマムシが2015年4月9日付けの朝刊で取り上げられました。 クマムシ:地球最強の多細胞生物 その生態と耐性の秘密 最近は芸人のクマムシがブレイクしてクマムシの認知度が上がったせいか、本物のクマムシについて問い合わせをいただく機会が増えた気がします。…

クマムシの餌の恩人との対面

日経ヘルス2015年3月号にインタビュー記事が出ています。タイトルは「クマムシ研究を支えるクロレラ」。 日経ヘルス 2015年 03月号 [雑誌] この記事はヨコヅナクマムシが食べる生クロレラV12をつくっているクロレラ工業株式会社の広告記事。私が飼育系を確立…

ナショジオ『クマムシ観察絵日記』一話〜二十話

ナショジオで私が連載している『クマムシ観察絵日記』が二十話まで掲載されました。 クマムシ観察絵日記: ナショナルジオグラフィック日本版公式サイト 本連載はタイトル通りの内容なのですが、クマムシ研究者ならではの視点でとらえた細かい現象も多く紹介…

クマムシ博士は慶應大学に加入しました

本日より慶應大学で研究活動をすることになりました。こちらでも登場した荒川和晴さんのところで、一緒にクマムシの研究をさせていただきます。このような素晴らしい環境で研究できることになり、たいへん嬉しく思います。 こちらでは上席研究員という何とな…

クマムシさんがはてなブログに引越しました

耐える系キャラクターでおなじみのクマムシさんがはてなブログに引越しました。 クマムシさん日記 ということで、作者である私ともども、このはてなのサービスでお世話になることになります。はてなの皆様、はてなユーザーの皆様、どうか仲良くしていただけ…

クマムシさんのサブキャラグッズを販売開始しました

各方面で好評いただいている「クマムシさん」。 図1. クマムシさんぬいぐるみS(税込1,480円) クマムシさんのグッズを発売開始してから1年半が経ちましたが、このたび新たに他種(シロクマムシちゃん・占いクマムシ・悪いクマムシ)のグッズを、公式オンラ…

世界初のクマムシ擬人化漫画の第二巻が発売される

ミドリムシは植物ですか? 虫ですか? II: 羽鳥まりえ 羽鳥まりえ先生によるクマムシ擬人化漫画の第二巻が発売された。前巻に引き続き、今回も巻末に私の名前がアドバイザーとしてちゃっかり載っている。 今回はクマムシよりもミドリムシの方にスポットが多め…

ナショナルジオグラフィックで「クマムシ観察絵日記」の連載を開始します

日本全国に増加しつつあるクマムシ・キッズたちのニーズに応えるため、本日よりナショナルジオグラフィックのウェブ上で「クマムシ観察絵日記」の連載を開始します。 クマムシ観察絵日記: ナショナルジオグラフィック クマムシを観察している上で気付いたト…

クマムシさんのクレーンゲーム景品が登場します

私が発案しプロデュースしているクマムシキャラクタークマムシさんが株式会社タイトーとライセンス契約を結びました。今年2014年4月より、全国のアミューズメント施設のクレーンゲーム用景品として登場します。 クマムシさんのプロジェクトは科学啓蒙と、私…

ヒルはクマムシよりも強いか

・ヒル ヌマエラビルというイシガメの体表に寄生するヒルが、−196ºCもの低温で凍っても生き延びることが分かった。東京海洋大学と農業生物資源研究所の研究グループの研究だ。 A leech capable of surviving exposure to extremely low temperatures: PLoS O…

分子生物学会2050年シンポジウムを振り返る

写真撮影: Kotoneさん 2013年末に神戸ポートアイランドで行われた分子生物学会年会の「2050年シンポジウム」に登壇してきました。この年会は、自分がこれまで参加した国内の保守的かつ閉鎖的な学会とは趣がだいぶ異なるものでした。官僚や政治家を召還した議…

年末イベントのご案内

今月末から少し日本に帰国し、色々とイベントに顔を出します。お暇な方は遊びにきてください。まずは、宇宙生物学系イベントから。 日本アストロバイオロジーネットワーク公開講演会「宇宙にいのちを探す」 私もオーガナイザーを務めている国際アストロバイ…

クマムシさん・アット・デザインフェスタ

本日11/2と明日11/3に開催されるデザインフェスタにクマムシさんが出展します。ここでしか入手できない、クマムシさんのレアアイテムが満載ですので、ぜひご来店ください。 ・・・・・・ 『デザインフェスタVol.38』 11月2日(土)〜11月3日(日)11時〜19時…

クマムシ、極限環境微生物学者に完全勝利。

去る9月25日に新宿ロフトプラスワンで行われたクマムシ vs 極限環境微生物ー地上最強生物トークバトルが満員の観客を迎えて行われた(このイベントに至るまでのあらすじはこちら→クマムシ博士から深海を行く微生物ハンターへの反論: ナショナルジオグラフィ…

クマムシ博士から深海を行く微生物ハンターへの反論

ナショナルジオグラフィックに、クマムシがいかに最強かを書いて寄稿しました。 クマムシ博士から深海を行く微生物ハンターへの反論: ナショナルジオグラフィック 結論として、単細胞生物の微生物は、科学的にも芸術的にもクマムシの敵ではないということな…

クマムシ vs. 極限環境微生物ー地上最強生物トークバトル

先日、極限環境微生物学者の高井研氏の著書を出版社のイーストプレスから送ってもらった。 微生物ハンター、深海を行く:高井研 本書は高井氏の研究人生のこれまでをドラマティックに、そしてバブリーな表現で綴ったものだ*1。これから研究者を目指そうとす…

クマムシ博士の「最強生物」学講座ー私が愛した生きものたち

このたび、『クマムシ博士の「最強生物」学講座ー私が愛した生きものたちー』という書籍が新潮社から出版された。本書は本ブログとメルマガに執筆したコンテンツの一部を加筆修正し、まとめたものだ。一部、書き下ろしも含んでいる。クマムシさんの表紙が目…

コスモポリタン・インベイシブ・スピーシーズ

クマムシ党の政見放送: Togetter 史上最強動物クマムシをモチーフとした「クマムシさん」が三次元化されて世に出てから1年が経過した。この間、オンラインショップ「クマムシさんのお店」や日本科学未来館とジュンク堂などをオリジナル・ハビタットとし、ク…

クマムシの紫外線耐性能力が明らかに

Fig. 1 クマムシさん (イラスト: 阪本かも) 超低温、放射線、高圧、さらには宇宙空間の真空にも耐えられるタフなクマムシ。今回、私 (堀川) たちの研究グループにより、クマムシの紫外線耐性に関する研究報告がオンライン科学ジャーナルのPLoS Oneで発表され…

世界初のクマムシ擬人化漫画がついに発売される

ついにクマムシが主人公の漫画が世に出た。擬人化したクマムシとミドリムシが活躍する研究漫画である。漫画のタイトルこそ「ミドリムシは植物ですか?虫ですか?」となっているが、私の脳内では「クマムシはクマですか?虫ですか?」と変換されるのでクマム…

クマムシの育て方 (助手ガール編)

以前、このブログでクマムシの採集方法について書いた。今回は「クマムシを飼ってみたい」というマニアックな読者向けに、クマムシの飼育方法を伝授したい。 1000種類以上が知られているクマムシの中で、飼育できる種類はほんのわずかである。クマムシの生態…

地上最強の動物クマムシと人類

体長1ミリメートルにも満たない小さな体に4対の肢をもち、宇宙空間に放り出されても生存できる生きもの。それが私の研究対象、クマムシである。 ヨコヅナクマムシ (写真: 堀川大樹・行弘文子) クマムシは緩歩動物とよばれる分類体系上のグループに属しており…

クマムシ vs. ミドリムシ

現在発売中の雑誌BRUTUSの特集「新しい仕事と、僕らの未来」に私のことが掲載されています。橋本麻里さんに取材していただきました。 BRUTUS (ブルータス) 2013年 4/15号 「新しい仕事と、僕らの未来」 アカデミアに軸足を置く研究者が有料メルマガを発行し…

はてなでクマムシさんぬいぐるみプレゼント企画を実施しています

はてなブックマークニュースで、クマムシさんのぬいぐるみプレゼントキャンペーンを実施中です。応募締切は2013年2月18日まで。 マスコットキャラ「クマムシさん」のぬいぐるみを“むきゅーん”と読者プレゼント! 応募は2/18まで ぬいぐるみSサイズ2個セット…

キャラクターのゆくえ

クマムシさんがtwitterで活動を始めてから、もうすぐ1年になります。クマムシさんをデザインしたのは2011年2月で、その後すぐに商標登録をすませました。現在、twitterのフォロワーも1万人を超え、ニュースサイトや雑誌にもちょこちょこ露出するようになって…

日本科学未来館クマムシ観察会見学者募集

12月21日(金)に日本科学未来館で開催するクマムシ観察会では、科学教育に関心のある方の見学を無料で受け付けています。 本観察会に参加することで、今後、科学教育や科学イベントなどでクマムシの採集と観察を行うスキルが身に付くこと受け合いですので、ご…

クマムシさんてぬぐい販売開始のお知らせ

クマムシをモチーフにしたキャラクターのクマムシさんのてぬぐいを販売開始しました。デザインはmacoさん担当。 全部で6色。このクマムシさんてぬぐい、手をぬぐう他にも、使い方は色々です。 ペットボトル入れや、 ティッシュ箱入れにも最適。 一家に一枚あ…

クマムシ博士のクマムシ観察会・イン・日本科学未来館

12月21日(金)に日本科学未来館で、小学生、中学生、高校生を対象としたクマムシ観察会のイベントをAstro_NinjaGurlさんと行います。参加費無料。 本イベントではコケの採集方法からクマムシの観察方法まで、クマムシ博士が伝授いたします。残念ながら大きな…

超高校級とよばれたイケメンサイエンティストの野望

世の中には天才児とよばれる子どもが稀に存在する。ゲノム解析ツールG-languageの開発者、慶應大学特任講師の荒川和晴氏も、少年時代にきっとそうよばれていたに違いない。 4台のスクリーンで解析作業をする荒川氏 (慶應大学湘南藤沢キャンパスにて) 研究室…

細胞工学にクマムシコミュニティのコラムが掲載されました

日本のクマムシ研究コミュニティのコラムが、科学雑誌「細胞工学」の11月号に掲載されました。 細胞工学2012年11月号<特集:多才なマクロファージと疾患の関わり> クマムシコミュニティのこれまでの活動の軌跡や今後の展開について書いています。 クマムシ…

クマムシさんの詩(うた)

クマムシさんのうた 作:堀川大樹 かんぽ かんぽ 緩歩動物 最強アニマル クマムシさん ぱくぱく ぱくぱく ぱくぱくまむし クロレラ イーティング かんぽ かんぽ 緩歩動物 ほっこりレディの クマムシさん てくてく てくてく てくてくまむし きまぐれ ウォーキ…

国際クマムシシンポジウムに行ってきました

ポルトガルのポルトで行われた国際クマムシシンポジウムに出席してきました。 3年に一度開かれるこの国際クマムシシンポジウム、私が参加するのは4度目。以前に比べると参加者人数もじわじわ増えてきました。 といっても、今回の全参加者数は79人。国際シン…

おしえて!クマムシさん「クマムシはどれくらいの温度に耐えられるの?」

今回は先週の「むしマガ」のコンテンツ、クマムシトリビアを公開します。 ★★★★★ 【クマムシトリビア:クマムシはどれくらいの温度に耐えられるの?】 読者からのクマムシにまつわる様々な疑問に対して堀川が回答...の予定だったのですが、今回からクマムシさ…

クマムシさんのサイトのコンテンツを公開しました

TwitterやFacebookでこれまで活動してきたクマムシさんですが、このたびオフィシャルウェブサイトのコンテンツを公開しました。 クマムシさんオフィシャルウェブサイト コンテンツは今のところクマムシさんの生態解説ページ、そしてクマムシさんの仲間たちの…

クマムシさんロゴコンテスト審査結果

先月にクマムシさんのロゴデザインを募集したところ、80件を超える応募がありました。 今回、クマムシさんロゴコンテスト特別審査委員会による審査の結果を発表させていただきます。 ★和文ロゴ部門★ 第1位 制作:山崎綾さん 第2位 制作:河内伸幸さん 第3位 …

【リルログ寄稿】クマムシさん de NASAグルメ

クマムシさん de NASAグルメ: リルログ NASAの食堂に潜入したクマムシさんに、魔の手が忍び寄る......。

クマムシさんオフィシャルウェブサイトを公開しました

クマムシさん オフィシャルウェブサイト 地上最強ゆるキャラ・クマムシさんがTwitterアカウントとFacebookページに続き、オフィシャルウェブサイトを公開しました。まだトップページのみの公開ですが、今後、コンテンツを順次公開していく予定です。 クマム…

マンガ☆クマムシ研究日誌「えぐりとられた心臓」

試し描き。 今後、「むしマガ」(月額840円・初月無料)でも不定期に連載予定です。

【リルログ寄稿】NASAバーチャルツアー

NASAバーチャルツアー 古巣のNASA Ames Research Centerに2年ぶりに行ってきました。世界の宇宙生物学研究の中心を担うNASA宇宙生物学研究所の本拠地も、ここにあります。

地上最強の動物クマムシと人類

みなさん、こんにちは。ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしょうか。 今回、ある雑誌に寄稿予定のエッセイをむしマガのゴールデンウィーク特別号として、お届けします。 ちょっと新しい扉を開いた感じの文章に仕上がっているので、楽しんでいただければ…

クマムシ、卵でも極限環境に強いことが判明する。

ヨコヅナクマムシの卵. 乾眠状態(左)と通常の水和状態(右) 写真撮影: 堀川大樹, 行弘文子, 田中大介 みなさんこんにちは、堀川です。今回はちょっとプレスリリースっぽい記事を書きます。 このたび、私たちによって明らかにされた、ヨコヅナクマムシの卵にお…

クマムシさんパズルの解法

先日の記事でクマムシさんパズルを紹介しましたが、制作者である木村さんにご自身のブログで解法を解説していただきました。 クマムシさんパズル解説: 木村算数教室のブログ そうやるのかー、という感じです。パズルが得意な人ってこういうことが瞬時に頭の…

クマムシさんスタンプ

クマムシさんのスタンプを@vercitillataさんに作っていただきました。これはかわいい。 @vercitillataさん、どうも有り難うございました。 【関連記事】クマムシさんニット帽: むしブロ+ クマムシさん de パリグルメ: リルログ 【お知らせ】このブログが本…