クマムシ博士のむしブロ

クマムシ博士が綴るドライな日記

2014-02-03から1日間の記事一覧

STAP細胞と小保方さんは日本を変えうる

※当記事を発表後、STAP細胞研究の論文内のデータに不自然な箇所があることが指摘されはじめた。 STAP細胞の研究論文内の不自然な画像データ: むしブロ また、2014年2月14日時点での再現性はまだ確認されていない。これらの点もふまえて、当記事を読んでいた…

リスクを背負うことと空気を読まないことの大事さ

アカデミアで研究者が生き残る上でもっとも大切なこと。それは、業績を出すことである。メインとなる業績は、論文の質と数だ。それも、査読者による審査がある国際科学雑誌に掲載された論文である。そして、筆頭著者あるいは責任著者として発表した論文のみ…