クマムシ博士のむしブロ

クマムシ博士が綴るドライな日記

クマムシでも分かる。生殖医療・遺伝子治療技術「ミトコンドリア置換法」

2016年と2017年、遺伝子改変を含む生殖医療技術「ミトコンドリア置換法」が施された子どもが相次いで誕生した。今後の生殖医療動向に大きな影響を与える出来事だといえよう。 ゲノム編集による遺伝子治療の臨床試験も本格化し、今後はヒトへの遺伝子改変実施…

小飼弾さんのニコニコチャンネル『404ch Not Found』の番組にゲスト生出演します

2017年1月23日(月)20時から小飼弾さんのニコニコチャンネル『404ch Not Found』の番組にゲスト生出演します。 live.nicovideo.jp 私はだいぶ前から小飼弾さんのブログ『404 Blog Not Found』で書評などの記事をよく読んでいたので、今回、ニコニコ生放送で…

2016年にクマムシ博士が掲載された雑誌や書籍など

ジュニアエラ2016年9月号より 2016年もさまざまな出版物などでクマムシ博士を紹介していただいた。ここでは、主なものを紹介させていただく。 DVD付 水の生き物 (学研の図鑑LIVE)作者: 武田正倫出版社/メーカー: 学研プラス発売日: 2016/06/28メディア: 大型…

クマムシしか研究したくない教員と、アリしか研究したくない学生。

勇ましい姿の岩井くん 私が北海道大学大学院に進学した2002年、研究室の指導教員の東正剛教授の専門はアリの生態学でした。通常であれば、研究室の指導教員は自分の専門に関連したテーマを学生に与えるもの。でも、私はどうしてもクマムシしか研究したくあり…

クリスマスにクマムシを24時間生中継します

今年のクリスマスはクマムシチャンネルでクマムシを24時間生放送します。クマムシチャンネルはこちら。 live.nicovideo.jp 中継場所は、渋谷FabCafe MTRLのオープンバイオスペース・BioClub。 Photo credit: BioClub www.bioclub.org 放送は2016年12月24日(…

NAVERまとめでキュレーションしました

先日の記事をNAVERまとめでキュレーションし、キュレーションデビューをしました。matome.naver.jp 【関連記事】horikawad.hatenadiary.com

クマムシ博士はLINE株式会社に抗議します

苦労して撮った クマムシの写真 気づいたらNAVER 無断転載ん ひとつだけじゃない いっぱい確認 その写真 おまえのじゃなくmine すかさず抗議の メールを送信 なのに削除 しないんだLINE 厚顔無恥さ 転載の天才ん 著作権語る ドヤ顔役員 もうけっして ゆるさ…

BLOGOSへの本ブログ記事転載終了のお知らせ

本ブログ『むしブロ』は、キュレーションサイト『ハフィントンポスト』に続き、同じくキュレーションサイト『BLOGOS』への記事転載を本日をもって停止することになりました。 『BLOGOS』の運営母体であるLINE株式会社が運営する他サービスによる不適切行為が…

個人はマイメディアをもとう

ハフポの編集長はじめご担当者から、連絡とお詫びをいただいた。 メールでは「過去に転載した記事を順次削除する」とおっしゃってくれた。 また、「記事毎に確認を取る約束を両者でしていたのに、その周知が担当者間に不徹底だったために迷惑をかけた」とも…

わけ

※追記:お願いを聞いてもらえました。 お願いのわけ。 1. 自分のブログの記事からハフポに寄稿しても良いものをハフポ担当者に送って掲載してもらう、という双方の約束を取り交わす。 ↓ ↓2.いつの間にか、自分のブログに投稿した記事が、断りなくハフポに転…

願い

※追記:お願いを聞いてもらえました。 おお、記事たちよ。 私の記事たち。 こんなところに落とすのではなかった。すまなかった。 だがもう拾えぬ。 強大な強者の前には、クマムシ博士はあまりにも非力だ。 神はいつも、強者の方を愛でる。 私が生みの親なの…

ハチミツ嫌いのマルクス

マルクスは「ニガイー族」の末裔として生まれた女の子。一族の他の者と同様に、小さい頃より外の世界から隔絶されて過ごしていた。 ここでいう外の世界とは、「アマイー」族の社会のこと。ニガイー族はアマイー族から差別を受け、虐げてられていた。 アマイ…

【書評】『衛生害虫ゴキブリの研究』年季入りの本格書

衛生害虫ゴキブリの研究 (SCIENCE WATCH)作者: 辻英明出版社/メーカー: ?北隆館発売日: 2016/09/23メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログを見る 「黒塗りの家庭内ランナー」としてお馴染みの生きもの、ゴキブリ。 たったの一匹が加工食品に…

人工肉と人工肉が変える道徳

みんな大好きなお肉。人工肉開発の現場と、人工肉が未来の道徳や倫理観を変えうると考察したコラムをウェブ・ジャーナル『ハーバー・ビジネス・オンライン』に寄稿しました。 今、この記事を読んでいる時点でも、10億頭のブタ、15億頭のウシ、そして190億羽…

ノーベル賞と研究費供給

ノーベル賞受賞に絡んで、研究供給をどうするかという問題について考察したコラムをウェブ・ジャーナル『ハーバー・ビジネス・オンライン』に寄稿しました。 研究費の集め方や研究活動のやり方も、多様化している。基礎研究の芽を絶やさないためには、科研費…